不要な受け身表現

18 1月
(連載第1回はこちら) 前回まで、何気なく使われる不要な受け身や不要な使役によって文が回りくどくなり、表現がぼやけることを見てきました。 受け身は乱用される傾向があり、日常的に多くの事例が見つかります。 (文10) 工具...
Read more »

抽象名詞を避ける

12 1月
(連載第1回はこちら) 前回は不要な使役表現を取り上げ、余分な言葉を省くと文章が簡潔になると説明しました。具体的には、以下の文4から使役表現を取り除いて文5に書き換えました。 (文4) 現状では現場の作業員が個別に考えて...
Read more »

不要な使役

4 1月
(連載第1回はこちら) 前回は受け身を取り上げましたが、ほかに乱用される表現として使役があります。 (文4) 現状では現場の作業員が個別に考えて実行しているに過ぎないため、作業員によってコンクリートの強度に大きな差を生じ...
Read more »