不要な受け身表現

18 1月
(連載第1回はこちら) 前回まで、何気なく使われる不要な受け身や不要な使役によって文が回りくどくなり、表現がぼやけることを見てきました。 受け身は乱用される傾向があり、日常的に多くの事例が見つかります。 (文10) 工具...
Read more »