翻訳サンプル: Flywheel (1)

6 6月

電力の関連分野として資源 (新エネルギー) 分野の翻訳サンプルをお届けします。翻訳サンプルとしては実際に業務で作成した翻訳物がベストですが、守秘義務の関係もあり、翻訳物を公開することができません。代わりに、Wikipediaの記述を翻訳することで翻訳サンプルとします。

翻訳サンプルとして、ずっと水素によるエネルギー貯蔵の項目を取り上げてきましたが、この項目をすべて翻訳したため、次の項目としてFlywheelを取り上げます。

原文はWikipediaからの引用ですが、百科事典の項目としてではなく、エネルギー技術の入門書に記載されている場合を想定して翻訳しています。想定した読者は、エネルギー関連の技術について少し詳しく知りたいと考える人です。

最初に掲載するのは、翻訳をご依頼された場合に通常私がお届けする水準の訳文です。日本語訳の読みやすさ・分かりやすさを重視して翻訳しています。

電力網でのエネルギー貯蔵
フライホイール

この貯蔵方式の基本原理は機械的な慣性です。この装置に電力を供給すると、重い回転盤を電動機が加速します。電力の流れを逆転すると、この電動機が発電機として機能し、回転盤を減速しながら発電します。電力は、回転盤の運動エネルギーとして貯蔵されます。貯蔵時間を長くするには、摩擦を最小限にとどめる必要があります。そのために、多くの場合はフライホイールを真空中に設置し、磁気軸受を使用しますが、その場合はコストが高くなってしまいます。フライホイールの速度が速いほど貯蔵容量を大きくできますが、遠心力に耐えるために、鋼鉄や複合材料などの強固な材料が必要になります。しかし、フライホイールほど経済的でなくともさまざまな電力・エネルギー貯蔵技術が実現できる現在、フライホイールは一般的な電力系統に適さなくなってきています。フライホイールが最適と考えられる領域は、鉄道の電力系統における負荷平準化や、再生可能エネルギー設備における電力品質の向上です (後者の例としては、アイルランドで20 MWの設備が導入されています)。

続いて、単価の低い翻訳でありがちな逐語訳の例を、比較のために掲載します。

(逐語訳の例。上記の翻訳サンプルと対比するために掲載しています)
電力網エネルギー貯蔵
フライホイール

機械的な慣性がこの貯蔵方式の基本です。電力が装置に流入すると、電動機が重い回転盤を加速します。電力の流れを反転すると、電動機が発電機として機能し、円盤を減速して電力を生成します。電力は、円盤の運動エネルギーとして貯蔵されます。貯蔵時間を長くするには、摩擦を最小限に維持する必要があります。これは、しばしばフライホイールを真空の中に設置し、磁気軸受を使用することで達成されるため、この方式が高価になる傾向があります。より大きなフライホイール速度は、より大きな貯蔵容量を可能にしますが、遠心力に耐えるために、鋼鉄や複合材料などの強固な材料を必要とします。しかし、この方式を経済的にする電力およびエネルギー貯蔵技術の範囲により、一般的な電力系統への応用にはフライホイールが適さなくなる傾向があります。これらは、おそらく、鉄道電力系統での負荷平準化の応用、およびアイルランドの20 MWシステムなど、再生可能エネルギーシステムでの電力品質の向上に最も適しています。

(原文)
Grid energy storage
Flywheel

Mechanical inertia is the basis of this storage method. When the electric power flows into the device, an electric motor accelerates a heavy rotating disc. The motor acts as a generator when the flow of power is reversed, slowing down the disc and producing electricity. Electricity is stored as the kinetic energy of the disc. Friction must be kept to a minimum to prolong the storage time. This is often achieved by placing the flywheel in a vacuum and using magnetic bearings, tending to make the method expensive. Larger flywheel speeds allow greater storage capacity but require strong materials such as steel or composite materials to resist the centrifugal forces. The ranges of power and energy storage technology that make this method economic, however, tends to make flywheels unsuitable for general power system application; they are probably best suited to load-leveling applications on railway power systems and for improving power quality in renewable energy systems such as the 20MW system in Ireland.

コメント:

  1. 回転盤
    原文ではrotating discとなっており、平たい円盤を想起させます。しかし、実用的なフライホイール貯蔵の場合は、円盤というより円筒や円柱に近い形をしています。ここでは原文に従って「盤」としています。
    参考: 古川電工ニュースリリース: 超電導フライホイール蓄電システム実証機が完成 (2015年4月15日)

注:
1. 原文は英語版Wikipediaから転載しました。
2. 上記の翻訳サンプルは、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「Grid energy storage」を素材として二次利用しています。


有限会社トランスフロンティア
名古屋で通学制の翻訳講座を開いています。詳しくはスクール案内へ。
理工系専門書、IT・電気工学・その他分野の英→日翻訳を承っております。2001年創業以来1000件以上の翻訳実績。お見積もり・お問い合わせはこちらからどうぞ。