名詞句を読みほどく (2)

30 5月

このブログでも、英語は名詞 (名詞句・名詞節) を中心にして文を展開することについてたびたび触れています。

関連記事:
2016年2月1日: Hydrogen (Grid energy storage) 翻訳サンプル補足 (3)
2016年5月25日: 名詞句を読みほどく

この名詞主導の英文を日本語に翻訳するときに、元の英文の構造をそのまま日本語訳に持ち込むと、大変分かりにくい訳文になります。

例をあげます。

If you need to resend unsuccessfully processed requests for more than one entry, run the above command with -resend option.

上記の英文ではrequestsをunsuccessfully processedとfor more than one entryが修飾しています。

[unsuccessfully processed] → requests ← [for more than one entry]

英語の特徴である、名詞主導で文を構成する様子がはっきりと見てとれます。

この英文を日本語に翻訳するときに、日本語訳でもrequests (要求) を修飾するように訳出すると、理解するのに苦労する訳文になってしまいます。

複数のエントリに対する、処理に失敗した要求を再送信する必要がある場合は、-resendオプションとともに上記のコマンドを実行してください。

単価の低い翻訳ではこのような訳文のオンパレードになるようです。とりあえず漢字やひらがなが並んで日本語らしく見えればよい、という場合は別ですが、こんな調子の訳文が延々と続いていると、読むだけで疲れてしまいます。

英語とは対照的に、日本語では用言 (動詞や形容詞) を中心にして文を構成します。上記の英文も、requestsを中心にして翻訳するのではなく「何を行うか」を中心にして翻訳すると、ずっと日本語らしい訳文を作ることができます。

複数のエントリに対する要求の処理が失敗したためにその要求を再送信する必要がある場合は、-resendオプションを指定して上記のコマンドを実行してください。

有限会社トランスフロンティア
名古屋で通学制の翻訳講座を開いています。詳しくはスクール案内へ。
理工系専門書、IT・電気工学・その他分野の英→日翻訳を承っております。2001年創業以来1000件以上の翻訳実績。お見積もり・お問い合わせはこちらからどうぞ。