翻訳サンプル: Power to Gas (2)

15 4月

電力の関連分野として資源 (新エネルギー) 分野の翻訳サンプルをお届けしています。翻訳サンプルとしては実際に業務で作成した翻訳物がベストですが、守秘義務の関係もあり、翻訳物を公開することができません。代わりに、Wikipediaの記述を翻訳することで翻訳サンプルとします。

前回に続き、Power to Gasの項目を取り上げます。原文はWikipediaからの引用ですが、百科事典の項目としてではなく、エネルギー技術の入門書に記載されている場合を想定して翻訳しています。想定した読者は、エネルギー関連の技術について少し詳しく知りたいと考える人。Hydrogenの初回に柔らかめの文体を採用したので、今回もその文体を引き継ぎます。

最初に掲載するのは、翻訳をご依頼された場合に通常私がお届けする水準の訳文です。日本語訳の読みやすさ・分かりやすさを重視して翻訳しています。

(訳文)
電力網でのエネルギー貯蔵
Power to Gas

水素のパイプライン貯蔵では天然ガス網を利用します。ドイツのガス網は、天然ガスに切り替わるまで都市ガスで運用されていましたが、この都市ガスの主成分は水素でした。ドイツの天然ガス網の貯蔵容量は20万GWhを超え、数カ月分のエネルギー需要に対応することができます。これに対して、ドイツの揚水発電所の総容量は約40 GWhに過ぎません。ガス網を通じてエネルギーを輸送する場合の損失は0.1%未満であり、送電網 (8%) と比べて大幅に抑えられます。水素の貯蔵に既存の天然ガス パイプラインを利用する研究はNaturalHyによって行われました。

続いて、単価の低い翻訳でありがちな逐語訳の例を、比較のために掲載します。

(逐語訳の例。上記の翻訳サンプルと対比するために掲載しています)
電力網エネルギー貯蔵
Power to Gas

水素のパイプライン貯蔵では、水素の貯蔵のために天然ガス網を利用します。天然ガスに切り替わる前、ドイツのガス網は、都市ガスを使用して運用されており、大部分が水素で構成されていました。ドイツの天然ガス網の貯蔵容量は、数カ月分のエネルギー需要に対して十分な200,000 GWhを超えます。比較すると、ドイツのすべての揚水発電所の容量は、約40 GWhにしかなりません。ガス網を通じたエネルギーの輸送は、送電網 (8%) より大幅に少ない損失 (<0.1%) で行われます。水素のための既存の天然ガス パイプラインの利用は、NaturalHyによって研究されました。

(原文)
Grid energy storage
Power to gas

Pipeline storage of hydrogen where a natural gas network is used for the storage of hydrogen. Before switching to natural gas, the German gas networks were operated using towngas, which for the most part consisted of hydrogen. The storage capacity of the German natural gas network is more than 200,000 GWh which is enough for several months of energy requirement. By comparison, the capacity of all German pumped storage power plants amounts to only about 40 GWh. The transport of energy through a gas network is done with much less loss (<0.1%) than in a power network (8%). The use of the existing natural gas pipelines for hydrogen was studied by NaturalHy.

コメント:

  1. 原文の1文目が文の形になっていません。原文の意図を推察して翻訳してあります。実際の翻訳業務では、英文の制作元に確認を取りたい箇所です。
  2. プロジェクトの名称NaturalHyは訳文でも英字のまま記載しました。今回想定した読者は、エネルギー関連の技術について少し詳しく知りたいと考える人です。名称を英字のまま残すことで、読者が掘り下げて調べるときの手がかりになるようにしています。気軽な読み物として翻訳する場合はカタカナ表記にする箇所です。

注:
1. 原文は英語版Wikipediaから転載しました。
2. 上記の翻訳サンプルは、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「Grid energy storage」を素材として二次利用しています。


有限会社トランスフロンティア
名古屋で通学制の翻訳講座を開いています。詳しくはスクール案内へ。
理工系専門書、IT・電気工学・その他分野の英→日翻訳を承っております。2001年創業以来1000件以上の翻訳実績。お見積もり・お問い合わせはこちらからどうぞ。