alternate (2)

8 3月

前回は、alternateの訳について検討しました。

correct the assignment to use an alternate combination of a device and port
割り当てを修正して、デバイスとポートの代替の組み合わせを使用する
 ↓
割り当てを修正して、デバイスとポートの別の組み合わせを使用する

「代替の」や「代わりの」という訳を「別の」に書き換えましたが、日本語として引っかかります。

下記の構造がよくないのでしょうか。

デバイスとポートの →
    別の    → 組み合わせ

語順を入れ替えてみましょう。

割り当てを修正して、別のデバイスとポートの組み合わせを使用する

この方が日本語として据わりがよくなりますが、

[別のデバイス] とポートの組み合わせ

とも読めてしまいます。短い語句「別の」が長い語句「デバイスとポートの」を飛び越えて「組み合わせ」を修飾するのは難しいです。

訳文が引っかかる原因は語順ではなさそうです。

原文に立ち返りましょう。

(再掲) correct the assignment to use an alternate combination of a device and port

元の英文は、現在のassignmentが不適切なので現在のcombinationと違うcombinationをuseしてください、と述べています。その点では「別の」という訳はいい線をいっています。問題は「……の別の組み合わせ」という言い回しにあります。

現状と違うcombinationを使用するように、という意味を踏まえて、もう一歩踏み込みましょう。

割り当てを修正して、デバイスとポートの組み合わせを変更する

文がシンプルになれば読点も不要になります。

割り当てを修正してデバイスとポートの組み合わせを変更する

引っかかりがなくなり、つるんと喉ごしよく読める訳文になりました。

(連載終わり)


有限会社トランスフロンティア
名古屋で通学制の翻訳講座を開いています。詳しくはスクール案内へ。
理工系専門書、IT・電気工学・その他分野の英→日翻訳を承っております。2001年創業以来1000件以上の翻訳実績。お見積もり・お問い合わせはこちらからどうぞ。