読書ノート: 明日の記憶

1 6月
生きることはつらいことである。 気がつけば、大勢の人間とともに釜の中でゴロゴロゴロゴロとかき混ぜられている。肌と肌がぶつかり、こすれ合って血がにじむ。やがて皮膚は完全にそげ落ち、むき出しになった骨と骨が鈍い音を立てる。そ...
Read more »

読書ノート: 多数決を疑う

4 4月
日本は民主主義国家である。そういうことになっている。なぜなら、議員を選挙で選び、その議員に立法 (と行政の一部) を任せているからだ。議員は、有権者が多数決で選ぶ。多数決は一応「合理的」な方法として国民に受け入れられてい...
Read more »

ウエービング

27 3月
「ふーん。ウエービングっていうんだ」 Yoshimiです。シオマネキの生態についての本を読んでいます。知ってのとおり、シオマネキはカニの一種で、雄のハサミが片方だけ巨大化するのが特徴です。 その本の中で、シオマネキがその...
Read more »

去年は140冊

13 2月
私は本を読むのが好きです。本を読まないでいると頭の働きが鈍る気がします。もちろん日本語の表現力を磨く効果もありますが (翻訳者として重要なことです)、それよりも、時代の流れを読めなくなることが怖いです。かつて読書から遠ざ...
Read more »