scenario

27 5月

英文マニュアルを読んでいると、scenarioという単語がよく出てきます。例えば、具体的な設定値の例を示した後に、その例をscenarioで受けることがあります。

For this scenario, the following system configuration is recommended:

日本語に翻訳するときにこのscenarioをそのままカタカナに置き換えて「シナリオ」とすると、かなり違和感があります。

このシナリオの場合は、以下のシステム構成を推奨します。

日本語で「シナリオ」と言った場合は筋書きをイメージするからです。

意味を考えずにカタカナで置き換えただけの訳文が続くと、読んでいるだけでうんざりしてきます。

scenarioは、文脈に応じて訳し分けると訳文が分かりやすくなり、日本語としての据わりもよくなります。上記のように具体的な設定値の例を指す場合は、以下のように翻訳することができます。

この条件の場合は以下のシステム構成を推奨します。

システム構成について説明する文脈であれば「環境」と翻訳することもできます。例えば、クラスタ環境と対比してスタンドアロン環境を取り上げて具体的に説明しようとする場合は、この訳がぴったりです。

この環境の場合は以下のシステム構成を推奨します。

英単語をカタカナに置き換えるだけで済ませると、訳文の意味が分からなくなってしまいます。


有限会社トランスフロンティア
名古屋で通学制の翻訳講座を開いています。詳しくはスクール案内へ。
理工系専門書、IT・電気工学・その他分野の英→日翻訳を承っております。2001年創業以来1000件以上の翻訳実績。お見積もり・お問い合わせはこちらからどうぞ。