calledは「呼ばれる」?

25 4月

名称を紹介するときには、knwon asのほかにcalledも使われます。

The main window has a pane on the left containing directory trees called Tree View.

この場合も受動態で使われます。理由はknown asの場合と同様で、能動態では主語を明示しにくいことと、主題を主語として提示するのが自然であるためです。

当然、このcalledを日本語に翻訳するときも、原文のまま受動態として訳出するのではなく、能動態で訳出しなければなりません。日本語で名称を定義したり導入したりするときは能動態で書くからです。

受動態で書くと、

ツリー ビューと呼ばれる

まるで人ごとのような、無責任な印象の文になってしまいます。自分たちもその呼び方を積極的に支持しているのであれば、主体性をもってはっきりと書かなければなりません。能動態として訳出するのが正解です。

ツリー ビューという

なお、名称を定義したり導入したりするときに「……と呼ぶ」という表現はあまり見ません。「……という」と書くことが多いようです。


有限会社トランスフロンティア
名古屋で通学制の翻訳講座を開いています。詳しくはスクール案内へ。
理工系専門書、IT・電気工学・その他分野の英→日翻訳を承っております。2001年創業以来1000件以上の翻訳実績。お見積もり・お問い合わせはこちらからどうぞ。