code snippet

11 3月

IT系の英文では、code fragmentのほかにcode snippetが使われることもあります。

The following sample code snippet can be used in a WordPress loop to get post categories.

これがそのまま日本語で「コード スニペット」と翻訳されていることも多いのですが、

WordPressループで以下のサンプル コード スニペットを使用すると、投稿のカテゴリーを取得できます。

スニペットと言われても意味が分かりません。

snippetも断片という意味です。手元のリーダーズ英和辞典では「《特に文章などの》部分的引用」とも説明されています。プログラミングの世界では、よく使う一連のコードをスニペットという単位にまとめておいて再利用しやすくすることがあります (マクロのような感覚です)。

しかし、上記の英文でsnippetが指しているのはこのことではありません。掲載しているコードが小片であることを示しているに過ぎません。

読者は、ここに掲載されているコードが小片かどうかを意識するでしょうか。読者が日本人であれば、掲載されているコードが断片であるかどうかを意識しないはずです。この点はfragmentと同様です。読者が意識しないのであれば、snippetも訳文から省略するべきです。

WordPressループで以下のサンプル コードを使用すると、投稿のカテゴリーを取得できます。
WordPressループで以下のコード例を使用すると、投稿のカテゴリーを取得できます。

どうしてもsnippetに対応する訳を残しておきたい場合は「コード片」という用語が使えます。

WordPressループで以下のサンプル コード片を使用すると、投稿のカテゴリーを取得できます。

既に「コード片」という用語が定着しているのですから、それを使うべきであり、カタカナで「コード スニペット」とすべきではありません。

何でもかんでもカタカナに置き換えればよい、というわけではないのですね。


有限会社トランスフロンティア
名古屋で通学制の翻訳講座を開いています。詳しくはスクール案内へ。
理工系専門書、IT・電気工学・その他分野の英→日翻訳を承っております。2001年創業以来1000件以上の翻訳実績。お見積もり・お問い合わせはこちらからどうぞ。