翻訳サンプル: Hydrogen (Grid energy storage) (1)

29 1月

電力の関連分野として、資源 (新エネルギー) 分野の翻訳サンプルをお届けします。文体は柔らかめにしました。今回の訳文も読みやすさを重視して作成しましたが、単に翻訳サンプルを紹介するだけでなく、翻訳中に考えたことにも触れていきます。そのために、私の翻訳サンプルの後に、単価の低い翻訳でありがちな逐語訳の例を掲載しました。

(訳文)
電力網でのエネルギー貯蔵
水素

電気エネルギーの貯蔵媒体として水素の開発が進められています。水素は、製造後に圧縮または液化して貯蔵しておき、後で電気エネルギーまたは熱に変換します。水素は、移動式 (自動車など) や定置式でエネルギーを生成するための燃料として利用できます。揚水発電や蓄電池と比較すると、水素燃料にはエネルギー密度が高いという利点があります。

(逐語訳の例。上記の翻訳サンプルと対比するために掲載しています)
電力網エネルギー貯蔵
水素

水素は、電気エネルギーの貯蔵媒体として開発されています。水素は、製造された後に圧縮または液化されて貯蔵され、後で電気エネルギーまたは熱に変換されます。水素は、移動式 (輸送機械用) や定置式のエネルギー生成のための燃料として利用できます。揚水発電や蓄電池と比較すると、水素には、高エネルギー密度の燃料であるという利点があります。

(原文)
Grid energy storage
Hydrogen

Hydrogen is being developed as an electrical energy storage medium. Hydrogen is produced, then compressed or liquefied, stored, and then converted back to electrical energy or heat. Hydrogen can be used as a fuel for portable (vehicles) or stationary energy generation. Compared to pumped water storage and batteries, hydrogen has the advantage that it is a high energy density fuel.

原文は、Grid energy storageという項目からHydrogenという項の一部を抜き出したものです。

次回からは、読みやすく分かりやすい訳文を作成するために考慮した事項について触れていきます。

注:
1. 原文は英語版Wikipediaから転載しました。
2. 上記の翻訳サンプルは、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「Grid energy storage」を素材として二次利用しています。


有限会社トランスフロンティア
名古屋で通学制の翻訳講座を開いています。詳しくはスクール案内へ。
理工系専門書、IT・電気工学・その他分野の英→日翻訳を承っております。2001年創業以来1000件以上の翻訳実績。お見積もり・お問い合わせはこちらからどうぞ。