Ctrlキーは小指の付け根で

20 4月

パソコン関係の記事を見ていると、Ctrlキーを小指で押すと書いてあることが多いです。

しかし、WindowsパソコンのキーボードではCtrlキーがキーボードの両端一番下にあります。この位置のキーを小指の先で押そうとすると、小指を大きく開いたり曲げたりしなければならず、指に負担がかかってしまいます。とても押しにくそうに見えますが、私が見てきた人はみんなCtrlキーを小指の先で押していました。

私はCtrlキーを小指の付け根で押します。Ctrlキーを押すときに、手のひらを少し外側にスライドして小指の付け根で押します。こうすると残りの4本の指をかなり自由に使えて、楽にキーを押せます。もちろん、キーの押し方は人それぞれの好みがあり、自由でよいのですが、私はこの方法が気に入っています。


有限会社トランスフロンティア
名古屋で通学制の翻訳講座を開いています。詳しくはスクール案内へ。
理工系専門書、IT・電気工学・その他分野の英→日翻訳を承っております。2001年創業以来1000件以上の翻訳実績。お見積もり・お問い合わせはこちらからどうぞ。