単位を単数形にするか複数形にするか

23 1月

技術翻訳でぜひ押さえておきたい単位の表現。単位の単数形と複数形の使い分けについて補足します。

単位をスペルアウトする場合は、通常の名詞と同様に数量に応じて単数形と複数形を使い分けると説明しました。

3 kilometers
1 gram

数値が整数の場合は分かりやすいのですが、小数の場合は単数形にすべきでしょうか、複数形にすべきでしょうか。

値が1を超える場合は複数形です。

1.3 seconds

値が0を超え1未満の場合は単数形とする立場があります。

0.3 second

一方で、1以外の値は、値が小数の場合も含めて複数形とする立場もあります。

おそらく、小数は人間の直感と整合しにくいのでしょう。単数形・複数形が人間の直感 (感覚的に頭に浮かぶイメージ) から生まれたものであるのに対し、小数は理屈によって導き出されたものです。単数として扱うか複数として扱うか意見が分かれるのも無理はありません。

実際に英文を書くとき、スタイルガイドが配布されていればそのガイドに従います。スタイルが決められていない場合は、以下の方針で書くと無難です。

  • 0の場合は複数形。
  • 0を超え1以下の場合は単数形。
  • 1を超える場合は複数形。

有限会社トランスフロンティア
名古屋で通学制の翻訳講座を開いています。詳しくはスクール案内へ。
理工系専門書、IT・電気工学・その他分野の英→日翻訳を承っております。2001年創業以来1000件以上の翻訳実績。お見積もり・お問い合わせはこちらからどうぞ。